Oct 25, 2015

運動のふくらはぎ太り2

ふくらはぎの日常や運動での使われ方は
骨盤の傾きによって異なります。

骨盤が前に傾く
骨盤が後ろに傾く
ことで過度な負担がかかりやすくなります。

逆に骨盤の傾きが垂直であれば
過度に負荷がかかることも少なく
筋肉による発達は起こりづらくなります。

IMG_8381[1]

骨盤の前傾

骨盤が前傾すると
日常でのふくらはぎへの負担は
ふくらはぎの上部に集中します。

これによって
ししゃものようなボリューム感に繋がります。

骨盤の後傾

骨盤が後傾すると
日常での負荷は
足首の付近にかかり

ボデッと下がったふくらはぎ
作ってしまいます。

IMG_8339[1]

まずは骨盤の傾きを整えることが
日常や運動でのふくらはぎの発達を防ぐために必要です。

骨盤の傾きは
いくつかの筋肉の
アンバランスによって作られます。

それらの筋肉のストレッチ、エクササイズをご紹介していきます。

関連記事