Oct 25, 2015

運動のふくらはぎ太り5

次に背骨

まっすぐな骨盤の上には
まっすぐな背骨が必要。

この負担も減ることで
足への絶対的負荷が軽減していきます。

IMG_7437[1]

骨盤に関わらず背中は丸まり猫背になりがち。

腰周辺は骨盤の調整で整うので
主に肩甲骨周辺のバランスを整えます。

まずは硬くなりやすい部位と
弱くなる部位のご紹介です。

image

背中が丸くなる時のバランスは
○肩の上が硬い
○首裏が硬い
○肩甲骨の内、下が弱い

となりやすくなります。

先ほど同様
硬い部位のストレッチ
柔らかい部位のエクササイズと
進めていきます。

肩の上のストレッチ

右の手で左の肩を掴みます。

首を右側に倒します。

押さえている方が動かないように注意しましょう。

これによって肩の上がストレッチされます。

首のストレッチ

両手を頭の後ろに組みます。
首を真下に押し下げます。

右、左に首を傾け30秒キープを
行いましょう。

これによって首回りがストレッチされます。

肩甲骨のエクササイズ

両手の平を体の後ろで組みます。

真下に向かってピン!
と伸ばします。

肩甲骨が内と下に動き
周囲の筋肉が刺激されます。

これらによって背骨の生理的な
湾曲が作られます。

骨盤の傾き改善に合わせて行うことで
日常の負荷の軽減につながるでしょう。

そして、日常の動きへとつなげます。

関連記事