Oct 25, 2015

運動のふくらはぎ太り4

骨盤の後傾の場合

骨盤が後傾すると
○ヒップが硬くなる
○肩の前が硬くなる
○足の付け根が弱い
○背中が弱い

という筋バランスになります。
こちらもそれぞれの癖を取り除いていきます。

IMG_8380[1]

ヒップのストレッチ

イスに座り、片足を浅めに組みます。

背筋を伸ばしたまま
状態を前屈させます。

これによってヒップがストレッチされます。

IMG_8251[1]

肩の前のストレッチ

イスに座り、両手を体の横、
イスの淵を掴みます。

肘を閉じたままヒップを地面に下ろしていきます。

これにより肩の前側がストレッチされます。

足の付け根のエクササイズ

仰向けになり両膝と股関節を90度に曲げます。

自転車を漕ぐように
足を前後に大きく動かします。

かかとを支点に動かすことで
より足の付け根が使われます。

背中のエクササイズ

イスに座り、背筋を伸ばして前屈します。

両手をまっすぐにバンザイします。
体と一直線になるあたりまで持ち上げます。

これによって背中の筋肉が刺激されます。

IMG_8253[1]

これらによって骨盤の傾きが整うと
部分的にかかる足はの負担が軽減します。

これは筋肉の
使わなければ減る性質によるものです。

そしてより負担を軽減する方法をご紹介します。

関連記事