Oct 25, 2015

ヒップの筋トレが逆効果!?4

腕の振り

歩く時に足が出ると
対角の手が前に出るように
全身の筋肉は連動して動いています。

前から見たとき
腕が一直線に振れているか?

横川見たとき
腕が前後均等に振れているか?

に着目することがポイントです。

IMG_8255[1]

前から見たとき

腕をまっすぐに振るには
肩の前の柔軟性が必要。

ここが硬くなると
クネクネねじれた腕の降りとなり
下半身に影響を出してしまいます。

肩の前のストレッチ

イスに座り、両手を体の横、イスの淵に置きます。

ヒップをゆっくりと地面に下ろしていきます。

これによって肩の前がストレッチされます。

IMG_8254[1]

横から見た腕の振り

前後に同じように振れているか?
肩の柔軟性は同様

背骨の可動域がポイント。

これには片側ずつの肩甲骨の内側の可動域が必要となります。

四つ這いになり片方の手を頭の後ろに組みます。

体を開くように
手を頭に当てている側に体をねじります。

これによって背骨に可動域が出ます。

IMG_8256[1]

柔軟性を整えたら
実際に腕の振りを整えます。

両手を軽く握り
前後に振ります。

鏡等で前後の振りをチェックしながら行いましょう。

IMG_8252[1]

腕の振りが整うと
股関節の柔軟性が整い
ヒップの活用が自然と増えていきます。

これらによって日常生活で
ある程度のヒップのバランスが整います。

そして実際にヒップの形を整えることを
行っていきます。

関連記事