Oct 24, 2015

棒体型の法則4

そして、股関節の動きのバランスへ。
骨盤の傾きが改善していると
比較的スムーズになります。

特に日常で硬くなってしまうのは
股関節内側の動き。

まずはここのストレッチが必要です。

IMG_8223[1]

股関節内側のストレッチ

両足を伸ばして座ります。
片方の膝を曲げ、かかとがヒップの横にするようにします。

肘を地面につけて姿勢をキープします。

これによって股関節の内側がストレッチされます。

股関節外の働き

股関節の外が弱くなるのは
ヒップの深層が弱くなるから。

エクササイズでは
ヒップの深層部を動かして活性することが必要です。

ヒップ深層のエクササイズ

横向きになり両膝と股関節を90度に曲げます。

足首を支点に上側の膝を開きます。

これによってヒップの深層が使われます。

IMG_8110[1]

負荷の漸進

ヒップの深層が動いたら
少しずつ漸進します。

これはもともと強いねじりを持っていた太もものうちねじりに対して
筋力を養うためです。

ヒップエクササイズの漸進
うつ伏せになり
足首同士を組みます。

両膝を地面から浮かせます。

この時に膝が閉じないように注意しましょう。

関連記事