Oct 23, 2015

肩の筋消し4

負担のクセをなくす

長年の姿勢のクセから
肩周りには負担がかかりがち。

部位的に整えたら
日常のクセをなくすことが必要です。

IMG_8268[1]

運動パターンの最適化

物を投げる動作
これは肩の内旋、伸展、内転
の動きで行われます。

逆動作は外旋、屈曲、外転

この連動の動きを行います。

IMG_8254[1]

多くの場合、この中に不得意な動きが混ざります。

この動き自体は
日常での連動パターン。

3つの動きが引き出されているか
確認しながら行いましょう。

IMG_8076[1]

このように硬い部位や弱い部位の典型を

改善して日常パターンに繋げること。

これは痩せて変に残る、、
ということを避けることができます。

一つ一つお試しください。

あなたのお役に立てますように。

関連記事