Oct 23, 2015

棒体型の法則3

骨盤の後傾

骨盤が後傾すると
○ヒップが硬い
○肩の前が硬い
○足の付け根が弱い
○背中が弱い

という傾向があります。

IMG_8250[1]

ヒップのストレッチ

イスに座り、片方の足を浅めに組みます。

背筋を伸ばし、前屈します。

これによってヒップが伸ばされます。

肩の前のストレッチ

イスに座り、両手を体の横、イスの縁を掴みます。

肘が開かないように
ヒップをゆっくりと地面に下ろします。

これによって肩の前が伸ばされます。

足の付け根のエクササイズ

仰向けになり両膝と股関節を90度に曲げます。

自転車を漕ぐように足を動かします。

この時にかかとで押すようにするとより効果的に足の付け根が刺激されます。

背中のエクササイズ

イスに座り、背筋を伸ばしたまま
状態を前傾します。

両手を身体のラインとまっすぐになるようにバンザイします。

これによって背中の筋肉が刺激されます。

IMG_8269[1]

これらで骨盤の前傾、後傾を改善します。

これが関節の動きを改善する第一歩
特に下半身痩せには必須な要素となります。

関連記事