Oct 22, 2015

たくさん動く!の逆効果4

その他の運動について
カロリー消費の王道ねまある
有酸素運動

使うエネルギは体脂肪となりますが

先にあげた通り
必要な筋肉まで減ってしまうことが多くなります。

IMG_8256[1]

特に筋肉が分解されやすいのは
長時間の有酸素運動。

長時間とは20分を超えるあたりの運動。

運動自体がストレスと感じ、
体は筋肉を減らすホルモンを分泌します。

IMG_8112[1]

仮に有酸素をするなら
5〜10分と小分けにして
数回行うことが効果的です。

小分けにしても脂肪の燃焼効率は変わりません。

むしろ、ストレスホルモンが低下し
脂肪の分解の効率が上がります。

IMG_6398[1]

有酸素運動の強度

よくあるのが
きつい方が痩せる!との思い込み。

これは文字通り思い込みです。

脂肪は安静時をピークに、
比較的強度の低い運動で消費されます。

いわば、楽な運動であるほど
燃焼の効率は上がります。

カロリー消費が減る事実

しかし、運動の強度が減ると
カロリー消費が少なくなる事実。

これはどう対策をするのか?

消費カロリーの70%である
基礎代謝が高いこと。

これが軽めの運動でも
消費が大きくなるということに繋がります。

先の基礎代謝を増やすエクササイズはよく取り入れましょう。

IMG_8136[1]

これらからもたくさん動く!
のダイエットの逆効果と
痩せ体質の作り方を包括的にご紹介しました。

動けば痩せる!
では思うように痩せないのは
誰もが経験しているはず。

痩せる理由と対策を
一つ一つお試しください。

あなたのお役に立てますように。

関連記事