Oct 22, 2015

たくさん動く!の逆効果3

食事面の基礎代謝

基礎代謝のもう半分は
内臓の消化吸収機能。

これらは食べるもの、食事の回数によって代謝を増やすことができます。

IMG_7989[1]

食事の小分け

小分けするのは
主にたんぱく質と繊維質

これらは消化に時間がかかり
時間がかかるほど
消費されるカロリーも多くなります。

IMG_7909[1]

たんぱく質は食べた時点で
体脂肪を分解しなさい!
というホルモンを分泌させます。

消化時間も3〜6時間と長く
体内で多くのカロリーを使います。

1内の摂取量を20グラム前後に抑え
3回以上に分けて食べることが
基礎代謝の向上に効果的です。

IMG_7681[1]

繊維質

繊維質は低カロリーであり
体内での消化活動を活発にします。

このことからも
時間に関係なく
こまめに取り入れていかことが効果的です

たくさん動く!の逆効果12

筋トレと食べ方の相乗効果によって
短時間で痩せの体質を作ることをでの可能にしています。

IMG_7661[1]

これらの筋トレ、食事面は
いわばダイエットの王道。

これを外してのダイエット方法は
まずありえないでしょう。

関連記事