Oct 21, 2015

秋の下腹6

食事での対処

糖質、肉、乳製品が自然と食べたくなる秋。

糖質、乳製品は朝メイン
肉は分けて食べる等が効果的です。

IMG_8268[1]

糖質

糖質は体のエネルギー源であり
筋肉を作る、脂肪を燃焼する際にも必ず必要。

夏場に食欲が低下していたあなたは
朝メインに取り入れることが効果的です。

IMG_7681[1]

選ぶべきは
吸収の遅い糖質

急な血糖値の上昇は
体脂肪を増やす原因。

血糖値の上昇を緩やかにする
オールブラン、玄米、ライ麦パン等を
選ぶのが良いでしょう。

IMG_7990[1]

乳製品の選び方

乳製品はタンパク質!
がメインですが、その他の栄養素も多く含み、カロリーが高め。

吸収の速い糖質、脂質が多くなることからも、しっかり摂る!
ことは避けたい。

かと言って、脂質を取らないことの方が

痩せない原因になりやすい。

朝に50〜80グラム目安で
取り入れることが良いでしょう。

The word diet spelt out in vegetables on a wooden board.

The word diet spelt out in vegetables on a wooden board.

脂身の少ないヒレやももがベスト。

タンパク質は筋肉の栄養素であり
一度には吸収しきれないもの。

2〜3回に小分けして摂ることが良いでしょう。

IMG_6999[1]

これらからも
秋の下腹痩せについて
総合的にご紹介してきました。

秋になって急に気になる下腹。
きちんと対策をして
脂肪を引き付けない体質を作りましょう。

あなたのお役に立てますように。

関連記事