Oct 20, 2015

自転車、水泳は太くなる?3

まず足の筋肉の発達を防ぐ
方法としては
足の深層部の筋肉、脇腹の筋肉
バランスを整えること。

負担を少しでも
他の部位に逃がすことで
過度な発達を防ぎます。

まずは足の深層部の筋肉です。

IMG_4679[1]

仰向けになり
両膝、股関節を90度に曲げます。

自転車を漕ぐように前後に動かします。

これによって足の付け根の部位が刺激されます。

またかかとで押すように足を動かすことが効果的となります。

IMG_7649[1]

脇腹のバランス

脇腹は足から上半身へ負荷を逃がす重要部位。

特に柔軟性が損なわれやすくなります。

この部位の柔軟性を出すことと
自転車の足の負荷を減らすことに効果的となります。

脇腹のバランス

これは背筋と混ぜることで
効果を発揮します。

背筋は背骨をまっすぐに立てる筋肉。

ここが整うと、より上半身に負荷が逃げやすくなります。

背中+脇腹のエクササイズ

うつ伏せになり両手を頭の後ろに当てます。

顎を引き状態を少し起こします。

ここで左右どちらかに体をねじります。
これにより背中と脇腹が同時に刺激されます。

この2点を刺激すると
足への負担が軽減しやすくなります。

また、
先の上半身がげっそり見えてしまう。
ことへの対策ともなります。

ご参考にしてください。

関連記事