Oct 20, 2015

カフェインとダイエット1

ダイエットに効果的!
と呼び声の高いカフェイン飲料

カフェインは交感神経を刺激し
アドレナリンの分泌を促す。

という良い効用があるようです。

IMG_7150[1]

しかし、良い面もあれば
悪い面もあるもの。

IMG_7223[1]

カフェインのよくない面

カフェインは適量でも
利尿作用があると言われています。

体の約60%は水分。

この水分の減少は
様々なマイナス面を引き起こします。

体水分の低下

体の水分量が低下すると
体での化学反応が鈍くなります。

これは
エネルギーの代謝
ホルモンの生成に関わること。

つまり、代謝が悪くなる!
ことにつながります。

筋肉への作用

筋肉の70%は水分でできています。
これも水分量が低下すると
=筋肉量の低下を引き起こします。

基礎代謝の約半分を占める筋肉が低下すると
基礎代謝の低下へと直結します。

IMG_7153[1]

水分の摂り方

これらのことからも
カフェインの効用を生かし
デメリットも改善するためには
水の飲み方のポイントをつくことが必要。

効果的な水の飲み方とは?

IMG_6981[1]

1日の水の基本量

ダイエット時は食事からの水分摂取が減る傾向があることからも

体重1キロあたり50ccを目安にとる。

これが基本となります。

カフェインをとったときは
その量と同量をプラスして摂る。

このような対策が効果的となります。

カフェインが含まれていない水分であれば、

体での使われ方は同じ。

麦茶やノンカフェイン飲料をとるのも飽きが起こりづらくなります。

ダイエット中の基本の水の飲み方、
カフェイン入り飲料をとったときの水の飲み方、

両方を踏まえて
効率的にダイエットが進むようとり入れてみてください。

あなたのお役に立てますように。

関連記事