Oct 19, 2015

内もも痩せ7

内もも、骨盤、股関節を整えたら
ヒップの横で強く固定する。

これにより姿勢のクセを変えることにつながります。

ヒップ横は太ももの外、
つまり、股関節のうち捻り筋と
一緒に使われやすいため
注意して行いましょう。

IMG_8221[1]

ヒップ横のエクササイズ

横向きに寝ます。

下側の膝、股関節を曲げ、
上側の足を伸ばします。

斜め後方に向かって
上側の足を引き上げます。

この時に若干股関節を内に捻り
行うのがポイントです。

IMG_8207[1]

まずは足だけの重さで
ヒップ横を使う感覚を養います。

そして、内もも同様
立った姿勢へとつなげます。

ヒップ横が日常での最も働くのは
片足立ちの動作となります。

IMG_8223[1]

立った姿勢で
壁などの安定したところを支えます。

片側の骨盤を引き上げます。
自然と足が地面から浮くはずです。

この時に地面側の足のヒップが刺激されます。

IMG_7885[1]

これらからも
姿勢改善からクセの変え方まで
包括的にご紹介してきました。

内もも痩せには
いきなり内ももの対処は
通用しません。

内ももが変わらないのは変わらない理由が必ずあります。

あなたのお役に立てますように。

関連記事