Oct 19, 2015

内もも痩せ5

骨盤が整ったら股関節へ。

股関節は生理的にうち捻り。
周囲の筋肉が低下してくると
この内捻りがより強くなります。

骨盤からのクセがなくなったら
股関節自体のバランスを
整えることが必要です。

IMG_8221[1]

内捻りの緊張を解く

股関節を内にねじるのは
太もも外側の筋肉

ここの緊張を取り除くことがまずは必要です。

うち捻り解消ストレッチ

横向きに寝ます。
両膝と股関節を90度に曲げます。

足首を支点に
上側の膝を開きます。

これによって股関節の内捻りが解消されていきます。

IMG_8110[1]

姿勢のクセを変える

一時股関節の内捻りが解消されても
元々のクセにより
また戻ってしまいがち。

拮抗側の股関節外の動きで
外方向へのクセを作ることが効果的です。

うつ伏せになり
両足首をクロスしあぐらの姿勢をとります。

両膝を地面から浮かせます。

この時にヒップの外捻りの筋肉が刺激されます。

IMG_8037[1]

これを繰り返していくと
股関節の過度なうち捻りのクセが
解消させていきます。

日常での内ももの使用頻度が増え
水分等によるむくみ感も薄くなっていくでしょう。

そして、内もも自体のエクササイズへ移ります。

関連記事