Oct 19, 2015

内もも痩せ3

骨盤前傾の場合
骨盤周りのバランスとしては
○太ももの付け根が硬い
○腰が硬い
○お腹が弱い
○太もも裏が弱い

となります。

それぞれ、硬い部位は伸ばし
柔らかい部位はエクササイズ
していくことが改善のポイントです。

IMG_8251[1]

太ももの付け根のストレッチ

両膝をつき、足を前後に開きます。
後ろ側の足首を掴み、
ヒップに向かって引き寄せます。

これによって太ももの付け根が伸ばされます。

腰のストレッチ

仰向けになり両膝を曲げ、両手で抱えます。
胸の方向に引き寄せ、背中を丸めます。

伸びが感じづらいですが
普段の緊張から解放されるため
腰回りに柔軟性が出やすくなります。

お腹のエクササイズ

仰向けになり丸めたタオルを
背中の下に入れます。

背中が反られた姿勢がスタート。
腹筋運動により背中を丸めていきます。

これによって大きな伸び縮みが行われ

効率的にお腹に刺激が加わります。

ふともも裏のエクササイズ

両足を腰幅に開きます。
両手を胸の前でクロスし
背筋を伸ばしたまま前屈します。

これによって太ももの裏側が刺激されます。

関連記事