Oct 19, 2015

メリハリ無くし6

骨盤を左右から垂直に立てるための
筋肉を整えたら
次に背中周りへ。

骨盤の上には背骨が乗ります。

その背骨のバランスを整えること。
姿勢改善には欠かせないポイントとなります。

IMG_8075[1]

背中のバランス

背骨は本来s字の湾曲を持つ。

このバランスとは
やはり生理的なs字を保つこと。

しかし、年々の姿勢のくせにより
背中の丸まりが大きく出てしまいがちです。

image

これをざっくり背中の筋肉強化!
としてしまうと
姿勢の改善には繋がりません。

必要なのは
肩甲骨の内と下の筋肉を同時に使うこと。

この2点が使われると
背中の反りを強力に固定します。

IMG_6676[1]

肩甲骨の内側

ここは年々落ちる姿勢筋

意図的に刺激しない限り
筋肉が減少します。

単に肩甲骨を寄せる!
では物理的な刺激の不足となり
筋肉の低下は防げません。

肩甲骨の内側エクササイズ

イスに座り、背筋を伸ばし
上体を前傾します。

両手を前並へし
おへそに向かって引きます。

前傾することで
背中に適度な負荷がかかります。

肩甲骨下のエクササイズ

この部位も同様に姿勢筋

内側よりも年々低下します。
ここは肩甲骨上部の拮抗側。
日常で使う頻度もより少なくなります。

イスに座って背筋を伸ばし、
上体を前傾します。

両手をハの字にバンザイします。

これにより肩甲骨の下部に刺激が加わります。

IMG_7095[1]

この2点を部位別に刺激したら
次に同時に刺激します。

種目としてはデットリフト。

肘を若干曲げ、肩甲骨を寄せるスタイルで行うことがポイントです。

軽めの負荷でフォームを崩さないように行いましょう。

関連記事