Oct 19, 2015

内もも痩せ1

内ももがプルプル
セルライトが、、
痩せても落ちない。。
の代表部位、内もも。

体脂肪は全体的に増減する性質がある中
なぜ内ももが痩せずらいのか?

これらを総合的にご紹介していきます。

IMG_8136[1]

体脂肪は全体的に増減する
大原則があります。

事実、痩せれば内ももの体脂肪も
確実に減っていきます。

しかし、減りが遅く感じたり
痩せてもボテっと見えてしまうのは
体脂肪の傾向によるものです。

IMG_8208[1]

体脂肪は関節の動きが少ない部位につきやすい
傾向があります。

これは股関節周りの柔軟性を指し
骨盤の傾きに連動します。

内ももは股関節、骨盤に付着するため

その影響を顕著に受けやすいとも言えます。

IMG_8110[1]

股関節、骨盤
女性はもともと、骨盤の作りからも
股関節が内側に捻れやすくなります。

まずはこれによって
日常での内ももの刺激が少なくなり
ます。

筋肉の伸び縮みが少ないと
形が悪くなったり、水分がたまりやすくなったりします。

IMG_8056[1]

骨盤の傾き
前でも後ろでも、骨盤に傾きがあると

これも内ももの日常の使用頻度を減らします。

まずはこれらを整えることが最優先です。

あなたがどちらの傾向にあるのか?
それを見ていきましょう。

関連記事