Oct 18, 2015

夜抜きダイエット効果1

ダイエット中の食事で
夜食べない!

を徹底する女性へ。

もしかしたら、
ちょっと食べて太る。。
悩んでいませんか?

IMG_9104[1]

夜食べないこと。

夜の食事を食べないことは
夜の吸収率や、血糖値上昇のリスクの軽減になります。

単純明快なカロリー制限で
最も効果を出しやすい!
とも言えます。

IMG_8077[1]

効果の出やすい反面

痩せる!
ということは
理想的には体脂肪が減ること。

しかし、
多くの場合
代謝に必要な筋肉まで減らしてしまう。
となりがちです。

夜は食べたほうが良い?

カロリー面を朝と昼でカバーしても
タンパク質の摂取面は
カバーしきれません。

タンパク質は1回の食事で
20〜30グラムの吸収が限度。

必要量をとるためには
小分けして食べること。

これが絶対的に必要になります。

IMG_8078[1]

タンパク質の小分け

お昼〜夜の理想は2食

夕方辺りと夜。
ここでタンパク質の摂取ができると
基礎代謝の向上により効果的となります。

夜に近づくにつれ
他の栄養素を避けるように食べることがポイントです。

良質なタンパク質

タンパク質の中でも
糖質や脂質を含まないもの。

卵や、脂身のない肉、赤身の魚等がこれらを満たします。

全体のカロリーオーバーにならないことは前提として
これらを夕方以降に取り入れることはダイエットに効果的となります。

夜遅くなった場合

とは言っても、遅すぎる時間はNG

仮に時間が遅くなった場合は
その分を翌朝にプラスする

という食べ方が良いでしょう。

IMG_7733[1]

以上からも夜抜きダイエットの効果、
具体的な夜の食べ方をご紹介してきました。

痩せてもちょっと食べたら太る。

これではいつまでもダイエットの繰り返しです。

きちんと食べて痩せる!
を叶えるためにご参考にしてください。

関連記事