Oct 18, 2015

疲れとダイエット2

筋肉にあるタンパク質は
分解されて糖に変換されます。

これによって
動き続けられる!

しかし、裏を返せば
基礎代謝の半分を占める筋肉が

ドンドン低下している状態となります。

IMG_8208[1]

体脂肪が使われる時

これは比較的緩やかな運動時
もしくは安静時。

これらの時が
脂肪の燃焼効率が最も高くなります。

しかし、動きが少なくなる分
絶対的なカロリー消費が少なくなる。
という事実は否めません。

IMG_8112[1]

日常の消費を多くして
動かずに痩せる!

これがダイエットの鉄則。

また最も効率的な方法。

これには基礎代謝を増やすことが
直接的に関係しています。

関連記事