Oct 17, 2015

海外モデル体型3

背中のエクササイズに求めること。

通常のダイエット時の
全身の筋肉を使う!

ということよりも
この場合は背中の筋肉を使う!
ことがポイント。

そのためには
肩甲骨内、下とお腹の筋力
必ず必要となります。

IMG_8208[1]

背中のエクササイズの量と負荷

生まれつきの骨格さで
背中や足の付け根の筋力は
アジア女性の3倍発達している
と言われる欧米女性。

このことからも
背中と足の付け根に関しては
負荷のかけ方がとても重要になります。

IMG_8056[1]

背中の負荷設定

お腹の筋力をつけた前提で。
12回ギリギリできる程度の重さ。

デッドリフト等をこれに合わせて負荷を設定していくこと。

強めに筋肉を増やすには
必要となります。

IMG_7791[1]

セット数

セット数は全身とのバランスにもよりますが
基本的に全身で最も多くする。

3〜6セットを目安に組むと良いでしょう。

image

背中種目の選び方

背中のエクササイズの基本は
前から引く、上から引く。

このうち優先すべきは
前から引く動作

背骨のS字を強めます。
このことからもロウイング系の
デッドリフトは有効となります。

関連記事