Oct 17, 2015

腹筋運動の基本7

タンパク質のメリット

この30パーセントの消費は
熱として消費されます。

また、食べた時点で脂肪を分解しなさい!
というシグナルを出します。

これらからも
積極的にとることが良いでしょう。

IMG_8078[1]

糖質と脂質

かといって、糖質と脂質をとらないこともNG

糖質は筋肉のエネルギー
脂質は脂肪を減らすホルモンの生成にも必要。

どちらも必ず取り入れることが脂肪の燃焼に効果的となります。

IMG_7989[1]

糖質の選び方

糖質は吸収の遅いものを選ぶ。

これは血糖値の急上昇を防ぐため。
これにより筋肉に必要なエネルギーを摂りつつ、
脂肪を増やしづらくすることができます。

玄米やオールブラン等が適しています。

IMG_7681[1]

脂質

脂質は1グラム当たりのカロリーも高く敬遠しがち。

しかし、全体のカロリーの15%を下回ると
基礎代謝の向上や脂肪の分解が行われずらくなります。

このことからも一定量はとることが
きちんと痩せるために必要です。

IMG_7150[1]

脂質の選び方

酸化されていない良質なもの。

オリーブオイルや魚脂をメインにとることがオススメ。

1日の摂取カロリーの20%前後を目安にとることが良いでしょう。

IMG_7418[1]

これらからも
腹筋運動の効果と
お腹の脂肪の減らし方を包括的にご紹介しました。

お腹痩せしたい!
をそのまま叶えるためには
これらの方法が効果的です。

あなたのお役に立てますように。

関連記事