Oct 15, 2015

必要?足の筋トレ7

もしも足の筋トレを取り入れるなら!

個別に行った方が良い下半身の筋トレもあります。

これは純粋に筋力を増やしたいため。

○ヒップ横
○スネ
等があげられます。

これらは仮に筋肉が増えても
外見に太く見えない。

むしろ体型をより洗練させてみせる!
働きがあるからです。

IMG_8075[1]

ヒップ横

ヒップ横はヒップの垂れや
広がりを防ぐ部位。

そして、骨盤を固定する役割がある筋肉です。

また、これは年々減りやすい部位でもあります。

ヒップ横のエクササイズ

横向きに寝ます。
下側の足は曲げておき
上側の足を伸ばします。

上側の足を斜め後方に引き上げます。

これによってヒップの横の筋肉が刺激されます。

IMG_7738[1]

応用編

日常と体の連動を踏まえると
立った姿勢で他の姿勢筋肉と
混ぜて行うことが効果的。

立った姿勢で
片方の骨盤を引き上げます。

この時に地面側のヒップ
あげている側の脇腹が刺激されます。

IMG_6504[1]

脇腹ーヒップは
上半身と下半身をつなぐ部位。

筋力バランスが取れているほど
足へかかる負担も少なくなります。

脇腹ーヒップが体格に使われているか確認しながら行いましょう。

スネ

スネの筋肉が低下すると
重心位置が後ろに下がります。

それは歩く時にふくらはぎわ太ももに負担をかける原因。

積極的に使っていくことが良いでしょう。

スネのエクササイズ

立った姿勢でかかと立ちをします。
そのままその場を歩きます。

この時に膝が曲がらないように注意をしながら行いましょう。

IMG_7095[1]

これらのポイントを取り込むことで
足痩せ、足の筋トレをする意味が
明確になっていきます。

足の筋トレをすると足が太くなる。

刺激の目的と方法が大切ということです。

あなたのお役に立てますように。

関連記事