Oct 15, 2015

必要?足の筋トレ3

骨盤の前傾の場合
硬い部位は
○太ももの前
○腰

弱い部位は
○太ももの裏
○お腹となります。

まずはこのバランスを整えること。

これに次いで下半身全体の筋トレへと繋げます。

IMG_7930[1]

太もものストレッチ

膝立ちの姿勢から
足を前後に開きます。

後ろ側の足首を掴み
ヒップの方向に近づけます。

これによって太ももの前が伸ばされます。

腰のストレッチ

仰向けになり両膝を曲げ
両手で抱えます。

胸の方に引き寄せ身体を丸めます。

これによって腰にストレッチがかかります。
腰は姿勢を維持するために
常に緊張している部位。

あまり伸びを感じなくても
この姿勢によって緊張が取り除かれます。

太もも裏のエクササイズ

これが表裏で関係で関与する部位。

あくまでも骨盤のバランスを保つ上での刺激。

刺激しすぎない方法で行います。

両手を胸の前でクロス。
足を腰幅に開き、背筋を伸ばしたまま前屈します。

これによって太もも裏に適度な刺激が加わります。

お腹のエクササイズ

仰向けになり、丸めたタオル等を背中の下に入れます。

上体が少し反られた姿勢から
起き上がる動作を繰り返します。

これによって骨盤の傾きに関与するお腹の筋肉が適切に伸ばされます。

関連記事