Oct 14, 2015

むくむ人、むくまない人3

これらによって骨盤の傾きを整えてら

次に各部位の動きをよくします。

すでにこれだけでもむくみづらくなりますが、
現状クセにより固まっている部位を伸ばすことは
むくみ改善に効果的です。

IMG_7980[1]

股関節の後ろ

ここは伸びきってしまい
血流のポンプ作用が弱くなる部位。

両手を胸の前でクロス。
背筋を伸ばしたまま前屈。

これにより股関節後ろの筋肉の
伸び縮みがつくられます。

IMG_7483[1]

膝の裏

この部位は固まりがち。

往復動作によって
血流の流れを促すことが良いでしょう。

立った姿勢で片方の膝を支点に、膝を曲げます。
かかとがヒップに近づくように曲げましょう。

これにより膝裏の伸び縮みがつくられます。

足の甲

この部位の血流!?

この部位はふくらはぎ、スネのバランスによって
血液の供給がなされます。

硬くなりがちなふくらはぎを伸ばし、
反対の脛を収縮させることが良いでしょう。

かかと歩き

その場でかかと立ちし歩きます。

これによって、動作中にふくらはぎの持続的なストレッチ

スネの筋肉の持続的な収集が行われます。

一種の地虚血状態にもなるため、
動作後に周辺の血液の流れがよくなります。

全身の血流を増やす

血液は心臓から末端に向け血液を送り出します。

これをポンプのように促すのが筋肉。

特に大きな太ももやヒップ、背中の筋肉を
よく動かすことは血流の流れをスムーズにするために効果的です。

スクワット、デッドリフト等のダイエット基礎種目を
取り入れましょう、

これらからもむくみの原因と解消方法を包括的にご紹介しました。

むくんだらその部位のケア!
下半身のケア!

だけでは、永遠にむくみとの戦いは終わりません。

むくまない人との差は
ボディラインにあります。

一つ一つがあなたのお役に立てますように。

関連記事