Sep 8, 2015

背中の魅力4

肩を支点に動かす。

これは主に引き下げる動作や
前から引く動作。

肩甲骨の内側、下側への動きが
大きくなり背中周りの筋肉が活性します。

腰の負担を軽減するために
比較的軽めの負荷を用いて
行うのが良いでしょう。

肩甲骨が動いている!
とわかる程度の余裕が必要になります。

関連記事