Aug 31, 2015

食べないこととダイエット4

インスリンと体脂肪

ダイエットをしていると
ほとんど食べてないのに体重が増える。。
という不可解なことが起こります。

この正体はインスリン。

吸収の速い糖質を含む食事をとると
血糖値が急に上がり
これが引き金となり
インスリンが分泌されます。

これは食べまたものを優先的に
脂肪として蓄積するホルモン。

合成のホルモンとなるため
その時はエネルギーとしては
使われづらくなります。

代わりにタンパク質等の分解が起こり
基礎代謝を低下させます。

つまり、吸収の速い糖質を含む食事は
基礎代謝を下げやすく
脂肪が増えやすい
と言えます。

関連記事