Aug 31, 2015

猫背と筋トレ6

負荷のかけ方
背中は大きな筋肉であり、
繊細な部分でもあります。

漠然と重さをかけると
肩や肩甲骨の可動が崩れる

軽すぎると
背中の刺激にならない

間の適性を取るのも一つの選択肢。

重い、軽いを組み合わせるのも
良い選択と言えるでしょう。

関連記事