Aug 24, 2015

朝のランニングの逆効果

ダイエットするぞ!
と取り入れがちな朝のランニング。

朝ご飯前の場合
エネルギーが無い状態のため
脂肪や筋肉を削ってエネルギーを作り出します。

その後の朝食で
吸収が良くなり脂肪を増やします。

つまり、極端に言うと
脂肪はプラスマイナス0。
筋肉はマイナス。

という結果を作ります。

食後であっても
朝食によって血糖値が上がった場合
その状態では脂肪の使用は起こりません。

使われるのは
糖質からのエネルギー
筋肉の分解からのエネルギー

このどちらか。

これらから見ても朝のランニングは
ダイエットには向きません。

関連記事