Aug 6, 2015

睡眠呼吸ダイエット

とにかく暑い。。
誰もが感じる「夏疲れ

涼しい部屋でエアコンガンガン!
これもまた気温差に疲れる。
IMG_6343[1]
そんな繊細女子は
睡眠呼吸で疲れ回復です。

暑い時は無意識に
呼吸は浅くなります。

なぜなら
呼吸をするのも筋肉の働き。
大きく吸うほど
エネルギーを使い熱を作るからです。

無意識に汗を抑えるために
呼吸も浅くなります。
汗を抑えるために浅い呼吸。

しかし、呼吸が浅いと
全身への血流が少なくなり
栄養の配給、疲労物質の排除が停滞。

これによって疲れが抜けない
状態が続きます。

夏の疲労回復は
睡眠中に24時間分行うのがベストです。
自分調整の涼しい部屋は快適!

ストレスなく大きな呼吸で
朝までに疲労を解消します。

仰向けになり
両膝を曲げます。

両手をバンザイ
(スタート姿勢)

大きく2秒で息を吸い
胸を膨らませます。

お腹だけを凹ませながら
4秒息を吐きます。

×6回目安に行いましょう。
寝る前の爽快な温度の部屋で
肋骨を引き上げる呼吸。

朝まで無意識にこの呼吸が続き
睡眠中に全身の血流を促し
疲労の回復につながります。

ご参考までに。

Posted in コラムComments Closed 

関連記事