Aug 4, 2015

身勝手なあるべき展開

○○であるべき!
誰もが自分の哲学を持っています。

そして、それは自分への
プレッシャーや自信へと繋がって人間力を
作っていきます。

たとえば、
○おしゃれであるべき!
○キレイであるべき!

程よいプレッシャーは
自分への努力や習慣となります。

しかし、重すぎるプレッシャーは
逆に自分への怒りを作ってしまいます。

たとえば
○夜は食べないべき!

食べてしまった時の罪悪感。
大げさに言うと
人によっては
人生終わりのような気持ち。

そもそもこれ、
誰が作ったあるべき展開?

自分です。

自分の決めたことが出来ない時
人は裏切りを感じます。

そして嫌いになる。

そんな時は
そもそも!そのあるべきが
違っているのでは?
と疑問を持つことが必要です。

他人との関係でも
○男性は女性に奢るべき!
と思っていたのに、
割り勘。

裏切りと思い根に持つ。

相手からしたらたまったものではありません。

これが自分と自分で起きている。

自分からしたら、
勝手に決められたあるべきことに
勝手に怒っている意味不明な状態。

それでも、
あるべきはあなたの大切価値観。
程よいあるべきを見つけることが
豊かな心を作る秘訣です。

関連記事