Jul 26, 2015

価格勝負!の罠

牛丼の値段勝負!

どこがどう違う牛丼なのか違いがわからないから
値段でみる勝負となる。

私にはこれしかない!
と思えないからこそ
判断基準は値段のみ。

安ければいい。
お腹満たせればいい。

こととなる。

これはチェーン展開で
低コストが売りの万人向けではあること。

要はお金持ちが勝つ商売。

安いことはありがたい。

でも、それだけがお客様のため?

であれば、90%の飲食店はとうの昔に潰れています。

お金を払うのは料理に対してだけではない。

そこで味わえる
接客、サービス、ふれあい、視覚、聴覚、嗅覚

体全身で満足感を得られるからこそ価値が上がる。

なんのお店かは看板でシンプルにわかり、

感じられることが感動的であれば
自ずとあなただけの価値観となります。

行きつけというのは
あなたに特別な感動を与えてくれるからこそ
生まれるのです。

関連記事