Jul 23, 2015

トータルコーディネート

Q.膝の内側の骨の出っ張りが気になっています。

痩せても太ってもこの部分だけが出てしまい
脚のラインがまっすぐに見えません。

ボディメイクで改善できますか?
モデルさんのようなまっすな棒脚に憧れます。

A.おそらく筋肉の付き方による
脚の骨の捻じれでしょう。

太ももの外側、ふくらはぎの外側が
発達すると

太ももの骨が内側に捻れ
膝が出っ張ったようなラインになります。

この出っ張りをなくすには
ヒップ横の筋肉
内ももの柔軟性
が必要になります。

こちらなどをご参考にしてください。
女性の弱点!膝下O脚解消方法

Q.ヒップが下がってきたことに
悩んでいます。

パンツを穿くときに
腰の上あたりにスカスカの隙間があり、
下にボテッと下がっている感じです。

全体的に上に引き上げるのに
効果的な方法はありますか?

A.ヒップの形を作るには
縦サイズ
横サイズ
ボリューム
のバランスをとることが必要です。

現状の場合は、このうち
縦幅を整えることが必要です。

ヒップの上部や横の筋肉を刺激することが
効果的でしょう。

Q.ダイエットしていますが
バストが減って他の場所があまり減りません。

バストを減らさないように痩せるには
どのようにすれば良いでしょうか?

A.バストは脂肪組織に分類されます。

体脂肪は全体的に増減する性質があります。

このことからも
体脂肪(体重)が増加すれば同様に増え
減少すれば同様に減ります。

しかし、体脂肪は
関節の動きの少ない部位に付きやすい
という傾向もあります。

このことからも、
背骨周辺の関節の動きを硬くするなどの
ストレッチも効果的です。

Q.お腹を引き締めたく
色々な種類の腹筋を行っています。

お腹痩せに有効な腹筋運動はありますか?

A.腹筋運動自体は
お腹の筋肉を増やすことが目的になります。

仮にお腹の筋肉が発達しても
お腹の脂肪の燃焼には
あまり関係がありません

体脂肪は全体的に増減する性質があります。
全身の大きな筋肉を増やし
基礎代謝を増やすことが効果的です。

その後に形を作る目的で
腹筋は取り入れるのが良いでしょう。

ご参考にしてください。

Q.外でランニングをする場合
体脂肪を効果的に減らすやり方はありますか?

A.仮に有酸素運動を行う場合
早歩きなどが効果的でしょう。

カロリー消費は
体重×移動距離

脂肪燃焼効率は
強度の低い運動

これらからも比較的強度の低い
早歩きが効果的と言えます。

ご参考にしてください。

Q.走っても、筋トレしても
太ももが筋肉痛になります。

痩せたいのは太ももなのですが
これでは太くなってしまいますか?

A.太ももが太くなる理由には2つありあます。
1.脂肪で太くなる
→この場合は、カラダの大きな筋肉である
太もも、背中、ヒップなどを使っていくと
基礎代謝が増え太ももの脂肪も減っていくでしょう。

2.脂肪で太くなる
→太もも自体の筋肉量を減らすことが必要です。
太ももに毎回筋肉痛が出る運動では
筋肉は太くなっていきます

太もものエクササイズを外していくのも良い方法でしょう。

ご参考にしてください。

Q.こんにちは。私は昔、陸上競技をしていて
その時に付いたふくらはぎの筋肉が一向に減らず
悩んでいます。

ふくらはぎの筋肉を減らして
おしゃれを楽しみたいです。

ふくらはぎを細くする方法はありますか?

A.筋肉は使わなければ減る性質があります。
しかし、ふくらはぎは日常の立つ、歩く動作でも使われる部位です。

この部位の筋肉を減らしてほっそりさせるには
日常的にふくらはぎに負荷をかけない関節の角度
することが必要です。

例えば重心位置が後ろにあると
必要以上に地面を蹴る動作となり
ふくらはぎに負担をかけてしまいます。

個々の体型に合わせた関節のバランスをとることが
必要になります。

足首の関節に関しては
こちらなどをご参考にしてください。
ふくらはぎ横の広がりを減らす法則

Q.全体的に痩せても
太ももの外側の張りが減らず
腰周りがボテッと見えてしまいます。

腰回りが痩せないのは
何が原因なのでしょうか?

A.太もも外から腰周りが
減りづらいと感じるのは
関節の動きが少ない
筋肉による外ももの発達
が考えられます。

前者の場合は骨盤の傾きや、背骨の傾きを整え
関節周辺の動きを増やす

後者の場合は
筋肉の性質である
使わなければ減る」を
フル活用する必要があります。

一気には難しいので
まずは関節の柔軟性から
取り組むと良いでしょう。

こちらなどをご参考にしてください。
(↓クリック)
モデル体型セットアップ

Posted in Q&AComments Closed 

関連記事