Jul 23, 2015

体脂肪の不思議

Q.皮下脂肪と内臓脂肪では
どちらが減りやすいなどはありますか?

A.比較的内臓脂肪です。

内臓脂肪はその名の通り、内臓の周囲に付く脂肪
特徴としては、周りの大きな血管が多くなることです。

脂肪が分解されると、血液中に流れ出て
筋肉という焼却炉に入り燃焼されます。

その面では血管の周囲にある
内臓脂肪は減りやすい特徴があります。

どちらにしても
効果的な方法は体脂肪の分解を促すことです。

これには短時間の筋トレが適しています。

Q.筋肉が脂肪に変わることはありますか?

A.筋肉と脂肪は違う細胞組織なので、
一方がどちらかに変わることはありません。

Q.ダイエットして4キロ痩せました。

目標まで痩せたので
少しづつ食事を戻していきたいのですが
一気に戻すとリバウンドするのはわかっています。

どのように戻していくのが良いでしょうか?

A.まずは朝の時間に偏らせることです。

カロリーを増やすときは
朝食で増やしていきます

そして朝食を少し減らし、昼を増やす
などの流れが良いでしょう。

また、毎食にタンパク質を取り入れることは
必ず行いましょう。

個々にダイエット方法などが異なるため
万人に共通な内容になります。

ご参考にしてください。

Q.炭水化物抜きダイエットをして
5キロ痩せましたが、すぐにリバウンドしてしまいました。

むしろ以前よりもドンドン体重が増えています。
なぜ太りやすくなってしまったのでしょうか?

炭水化物抜きでリバウンドする理由は
基礎代謝が低下する
糖質代謝機能が低下する
カラダの水分量が減少する

などの原因が挙げられます。

炭水化物が敬遠される理由として
血糖値の上昇による
脂肪を増やすホルモンの分泌
があげられます。

まずは、食事での正しい炭水化物の摂取
必要です。

朝の時間に吸収の遅い炭水化物
摂ることが効果的です。

これは1日の血糖値を安定させます。

そして基礎代謝を増やすエクササイズ
取り入れると痩せ体質に戻ってくるでしょう。

こちらなどをご参考にしてください。
(↓クリック)
基礎代謝アップエクササイズ

Q.ダイエットの基本は食事と運動になりますか?

A.基礎代謝を増やす筋トレと食事の内容が
ダイエットの基本になります。

1日の消費カロリーの70%は
基礎代謝が占めています。

このうちの半分は筋肉が担っています。

つまり筋肉を増やすことが
消費カロリーを増やすことに繋がり
体脂肪がへりやすい体質に変えることができます。

(↓クリック)
基礎代謝アップエクササイズ

食事に関しては
毎食に卵、魚、魚介などの
タンパク質を取り入れることです。

これらは食べた時点で
脂肪を分解しなさいというシグナルを出す
ホルモンを分泌します。

他の栄養素も
朝→昼→夜の順に細くしていくことが
効果的です。

ご参考にしてください。

Posted in Q&AComments Closed 

関連記事