Jul 23, 2015

筋肉量と女性の筋トレ

Q.筋トレで基礎代謝を増やすのに
スクワット、デッドリフトをしています。

徐々に筋肉痛も出なくなり慣れてきた場合
負荷はどのように増やしていくのが
良いでしょうか?

A.負荷の設定には
頻度、重さ、回数があります。

大事な順に左からとなります。
週2回→3回(+週1回)
5キロ→10キロ(+5キロ前後)
15回→20回(+5回前後)
のように増やすのが良いでしょう。

ご参考にしてください。

Q.良く痩せる筋肉、痩せない筋肉と聞きますが、
これらは筋トレの方法が違うのでしょうか?

痩せる筋肉をつける方法を
教えてください。

A.痩せる筋肉をつける方法は
基礎代謝を増やすことと直結します。

痩せる筋肉は主に
10~15回で限界になるような負荷を使う筋トレで使われます。

逆に痩せない筋肉はあまりカロリーを使わない省エネ筋です。

痩せない筋肉は20回以上できてしまう筋トレで使われます。

Q.ダイエットするたびに
リバウンドしてしまいます。

特に食事の反動というわけではなく
通常の量に戻しただけで
増えてしまいます。

これは基礎代謝が
低下しているからでしょうか?

A.おそらく基礎代謝の低下でしょう。

基礎代謝は
1日の消費カロリーの70%を占めます。

そして、その半分を
筋肉が担っています

ダイエットのおいて
最も減りやすいのは筋肉です。

多くの女性がこれが原因となり
リバウンドを招いてしまいます

アドバイスとしては
毎食にタンパク質を含む食事を摂る
基礎代謝を増やすエクササイズ

が有効です。

Q.体脂肪は19%で
これ以上減らしたくありません。

でも太ももなどのゴツゴツした感じは
減らしたいです。

筋肉を減らすには
どのような方法がありますか?

A.筋肉は「使わなければ減る
性質があります。

しかし、日常的にも
脚の筋肉は使われやすい部位です。

結論、脚に負担のかからないような
筋肉のバランスにすることが必要です。

骨盤、背骨、首などの筋肉調整して
負担をかけないようにすると
筋肉の性質通り
使われず、減っていくでしょう。

こちらなどをご参考にしてください。
モデル体型セットアップ

応援しています。

Q.筋肉量が多く、脂肪も多いです。

筋トレでのダイエットは
さらに太くならないか心配です。

このような体質の場合
どんなダイエットが効果的ですか?

A.ダイエット方法について。
現状、筋肉の量が多いのであれば、
それを利用して脂肪を減らしていきます。

体脂肪はどんな方法であれ最終的に
筋肉によって燃焼されるからです。

お一人で行う場合
ウォーキングなどの有酸素運動が
効果的
でしょう。

その後に筋肉を減らすことを
していくのが効率的です。

ご参考にしてください。

Posted in Q&AComments Closed 

関連記事