Jul 22, 2015

裏カロリーダイエット

Q.運動量を増やせば、食事のカロリーを減らさなくても
痩せられますか?

A.運動量で食事のカロリーを消費するのは
効率的とは言えません。

例えば、45分走って消費するのは約200キロカロリー。
おにぎり1個で帳消しになります。

1日の消費カロリーの70%は基礎代謝が担います。

この基礎代謝を増やすことが
食べても太りづらい体質には必要になります。

こちらの基礎代謝を増やすエクササイズなどを
ご参考にしてください。

(↓クリック)
基礎代謝アップエクササイズ

Q.摂取カロリーが消費カロリーよりも下回れば
食事の時間は早くても遅くても同じですか?

A.吸収率に差が出ます。
食事の時間が遅くなるほど
食べたものの吸収率が上がります

量としては
朝→昼→夜と徐々に減らしていくことが必要です。

ご参考にしてください。

Q.ダイエット中のお菓子についてですが
同じカロリーを摂るなら
食事を減らしてお菓子でとっても
太りませんか?

A.太りやすくなります

お菓子の栄養素のほとんどは糖質と脂質です。
運動時のエネルギー源にはなりますが、
カラダの作る材料にはならないので、
基礎代謝の高いカラダとは
離れてしまいます。

カラダ作りの材料となるのはタンパク質です。
毎食に肉、卵、魚などを取り入れることが早道です。

ご参考にしてください。

Q.お酒はダイエットにマイナスと聞きますが
どんなことがマイナスに働くのでしょうか?

A.アルコールは量に関わらず
飲んだ時点でカラダの代謝機能をストップさせます。

カラダに毒素として認知されているアルコールの
解毒作業を優先させるためです。

この間は脂肪の燃焼、筋肉の合成が行われず、
約8時間続きます。

1日の3分の1の時間、
身体づくりに使われる作業が無駄になってしまうため
痩せづらくなると言えます。

アルコールの種類とダイエット効果に関しては
こちらなどをご参考にしてください。

アルコールとダイエットの関係

Q.夕食が遅くなってしま場合は
食べないほうが良いのでしょうか?

そうすると基礎代謝の文も量を
1日で摂れないので
代謝が低下することはありませんか?

A.夜の時間帯はどんなものでも吸収が良くなるので
避けたほうが良いでしょう。

その分は翌朝にプラスして増やす
等が適しています。

ダイエットの食事で最も重要なのが朝の食事です。

午前の遅い時間に
ストレスホルモンが優位になることからも
早めのうちに多くの栄養をこまめに摂っておくことが
基礎代謝を減らさないことに繋がります。

この時に昨日の分が増えても
マイナスではありません。

基礎代謝分もまかなえるので
効果的になります。

ご参考にしてください。

Posted in Q&AComments Closed 

関連記事