Jul 22, 2015

足痩せに「足を使うのはNG!」

ウォーキング、内もも運動、マッサージ
目的は「足痩せ

IMG_6205[1]

足自体を動かすのは
足痩せを遠ざけます。

足が太くなるのは
2つの理由があります。

1.脂肪で太くなる
2.筋肉で太くなる

現場では両者が混じり合い
複雑さを作っていますが

根本的に関与するのは
各関節の繋がりが崩れていること。

ある部分だけ硬い
ある部分だけ使い過ぎ

などが原因となります。

骨盤前傾が70%
女性は上半身の姿勢筋である
背中周り

下半身の
太もも後ろ

の筋肉が弱い傾向があります。

この2点が弱いほど
骨盤を前傾に傾け
太もも、ふくらはぎに
過度の負担をかけます。

また、骨盤前傾は
股関節前、股関節内の柔軟性を狭めます。
体脂肪は
関節の動きが少ない部位に付きやすい
傾向があることからも
太もも、内ももに
脂肪が付きやすくなります。

つまり、足の使いすぎや
関節の柔軟性の制限で
部分的に発達している。

これに対して、
足のアプローチでは
一時的な対処にしかなりません。

根本の骨盤前傾の改善である
○背中の刺激
○太もも後ろの刺激
が必要です。

簡単な方法としては

○バンザイをしたまま
背中の筋肉が持続的に刺激されます。

○かかと歩きをする。
太もも後ろを刺激

2つが合わさると
全身のバランスから
骨盤を後傾方向に導きます。

足の負担は減少し、
関節の動きもスムーズ
になる。

足の脂肪筋肉をサイズダウンさせるのに
必要不可欠なエクササイズです。

足だけ痩せない…女性の
足痩せと足の運動はほぼ関係ありません。

ご参考までに。

Posted in コラムComments Closed 

関連記事