Jul 22, 2015

足痩せ「3割の捨てる筋肉」

ダイエットして痩せると
必ず残る「3つの部位」があります。

IMG_6133[1]

体脂肪は基本的に
全体的に増減する
性質があります。

キレイにダイエットすれば
全体的にスラッとボディに!

とはなりません。
なぜなら日常培った
筋肉の太さが残るからです。

その代表的な部位が
ふくらはぎ、太もも、ヒップ下部です。

痩せてファッションを楽しみたい!
と願う女性。

パンツ、スカート等
好きな服を存分に楽しみたい!

なのに足だけ痩せない‥
これではダイエットに取り組んだ
意味がありません。

日常使われ過ぎ
発達してしまった
筋肉は捨てることが必要です。

筋肉は使わなければ減る

筋トレや運動で刺激しないように。

というのは安易な発想。
なぜなら運動してる時間よりも
日常生活の中で使われる割合の方が
圧倒的に多いからです。

それは3つの部位を減らすには
日常的に負担をかけない
カラダの角度や姿勢を作ることがポイントです。

すね、太もも後ろ、ヒップ上部を刺激すると
背骨~頭が一直線上になり
足全体にかかる
体重負荷を軽減します。
これらをしっかりと
目覚めさせることが
減らない3つの部位を使わないポイント。

体重負荷が減ることで
足全体のボリュームを減らします

生活の中で、体重自体の負荷で
使われることを防ぐ。

これが足痩せには
必要不可欠な要素になります。

ダイエットは終わり。

あとは足痩せだけ!な女性はご参考までに。

Posted in コラムComments Closed 

関連記事