Jul 21, 2015

姿勢ボディメイク

Q.二の腕や背中の脂肪が減りづらいです。
猫背気味な姿勢も関係していますか?

A.関係しています。
体脂肪は「関節の動きが少ない部位に付きやすい
傾向があります。

このことからも
背中が丸まると肩~背骨の動きが少なくなり
脂肪が付きやすくなります。

カラダは全身連動しており
肩の動きの悪さは
骨盤の傾き等に関連しています。

まずはこちらの骨盤調整エクササイズなどを
ご参考にしてください。
(↓クリック)
モデル体型セットアップ

応援しています。

キレイに痩せてリバウンドしないためには
どんなことから始めればよいでしょうか?

A.基礎代謝を増やすことです。
体脂肪はどんな方法であれ
最終的に筋肉という焼却炉によって消費されます。

この筋肉が大きいほど、
痩せやすくリバウンドしにくいと言えます。

〇スクワット
〇デッドリフト
〇ベンチプレス

が基礎代謝を上げる
最短の方法になります。

20回×1~3セットを目安に
週2~3回取り入れるのが良いでしょう。

ご参考にしてください。

Q.筋肉が多いほど痩せやすいのは
本当ですか?

A.本当です。

体脂肪はどんな方法であれ
最終的に筋肉によって消費されます。

カラダに身に付いた脂肪は
分解→燃焼という過程で
筋肉という焼却炉に入ることで初めて燃焼します。

この時筋肉が多ければ
より多くの脂肪を燃焼できます。

その為には筋力トレーニングでの
基礎代謝の高いカラダは必要不可欠になります。

ご参考にしてください。

Q.私はふくらはぎのサイズが太いことに
悩んでいます。

仕事で8時間近く立ちっぱなしなことも
脚が太くなる理由になりますか?

A.二次的に関係します。

根本的に脚が太くなる理由は
脂肪で太くなる
筋肉で太くなる

他の部位と比べ
ふくらはぎが太いのであれば
体脂肪は「全体的に増減する
ことからも筋肉による太さと考えられます。

骨盤の傾きなどにより
脚に過度な負担がかかり肥大
立ち仕事で持続的に刺激が加わることで
そのサイズをキープしていると推測できます。

根本の骨盤の傾きを整えることが効果的です。

こちらなどをご参考にしてください。
(↓クリック)
モデル体型セットアップ

応援しています。

Q.いつも生理前などに
体重が2~3キロ増えます。

これにイライラしていまい
食生活も崩れやすくなってしまいます。

体重が増加してしまう原因は
何でしょうか?

A.月経前の黄体期ホルモンは
全身に水分をため込む作用があると言われています。

もちろん個人差はありますが、
顔や足にむくみが出る方も多くいます。

食生活などは変化していなくても
この周期とホルモンの影響で
体重が増加することは多々あります。

無理に減らそうとせず
減らす準備として
ストレッチなどを取り入れるのも良いでしょう。

Posted in Q&AComments Closed 

関連記事