Jul 21, 2015

体型とファッションの悩み

Q.ラインが出る洋服がなかなか着れずに
悩んでいます。

特に太ももやヒップが張ってしまいます。

これらの部位を細くする方法はありますか?

A.女性は多くの方が
骨盤前傾の傾向にあります。

骨盤の前傾は股関節周辺の柔軟性を制限しやすく
体脂肪の傾向である
関節の動きが少ない部位に付きやすい
からもこの周囲に悩みやすくなります。

解消方法としては
股関節や腰回りの柔軟性を増やすことです。

Q.筋トレをして見た目に引き締まりが
実感できるようになりました。

でも体重の変化が微量です。

今のままの見た目を維持しつつ
体重を減らすにはどのようなことが必要ですか?

A.現状の骨格や筋肉の付き方によりますので
食事面に関してです。

消費カロリー>摂取カロリーの
バランスを整えることです。

毎食にタンパク質を含む食事
1日の食事内容を小分けにする
などが良いでしょう。

タンパク質は体重1キロ辺り
1.0~1.5gを目安にすると
現状の筋肉のバランスを崩しづらくなります。

ご参考にしてください。

Q.ヒールのない靴を履き始めてから
ふくらはぎや足首がむくむようになりました。

ヒールよりペタンコの方が、足に負担がかからない
と聞きますが、なぜむくむようになったのでしょうか?
アドバイスを頂ければと思います。

A.今回の場合の足のむくみは
骨盤の角度によるものと思われます。

仮にペタンコな靴でも、それまで履いていた
ヒールの影響で骨盤が傾いているのかもしれません。

すると、日常のふくらはぎの負担が増え
むくみやすくなります。

骨盤の傾きのクセを取り除くことが必要です。
こちらをご参考にしてください。
モデル体型セットアップ

応援しています。
頑張ってください。

Q.出産後に体型が変わり
ダイエットしても痩せづらくなりました。

産後は痩せづらくなるのでしょか?

A.産後は骨盤の傾きが後傾
背骨が全体的に後ろかがみになります。

これは赤ちゃんを支えるために
身体が後ろ体重になっていたことが原因です。

その為、この癖は産後も残り、
解消しておかないと、
いわゆる丸まった背中のように
なっていきます。

根本的に
骨盤の角度を後傾からまっすぐに立てる
背骨の角度を真っ直ぐにする
ことが必要です。

産後に特化した
こちらの方法などをお試しください。
(↓クリック)
産後のボディメイクの特徴

Q.ダイエットしても
上半身ばかり痩せて
下半身は変わりません。

どうしたら上半身に合った
下半身になりますか?

A.体脂肪は全体的に増減する
性質があることからも
上半身に比べて下半身が気になるのは
筋肉による太さと考えられます。

筋肉のサイズを減らす場合まず、
体幹中心に基礎代謝を増やすことが必要です。
(↓クリック)
基礎代謝アップエクササイズ

それに加え、日常で脚の筋肉に負担がかからないように
骨格(モデル骨格)を作ることが必要です。
(↓クリック)
モデル体型セットアップ

各々ご参考にしてください。
応援しています。

Q.春服でレイヤードにすると
太って見えてしまいます。

冬服では感じたことがなかったので
どのように体型管理してよいか
お聞きしたいです。

A.春先のファッション特有の
襟付き鎖骨見せなどが関係しています。

上半身を強調する春先のスタイルでは
首の長さ等を調整することが
細見せのカギになります。

Posted in Q&AComments Closed 

関連記事