Jul 13, 2015

ケートボール場に保険屋

普通のリンゴは100円でも高いと感じる。
でもすっごくお腹空いて、他に食べ物が何もない!
100円のリンゴは1000円でも売れる。

あなたの欲求の状態によって
物の価値は変動するのです。

ある保険屋さんは医療保険の営業で、
ゲートボール場へ向かった。

そこには多数の高齢者がいる。

必死で営業しても、1人も契約しない。

なぜ!?!?

○そもそも既に入ってる。
○年齢制限がある保険だった。
ことから価値がないと見られる。

これは市場調査ミスの例。

急に電話や訪問が来て
興味のないセールスがきて
興味のない話を始めたら??

すごく腹立たしい!
時間を返せ!と追い返しますね。

なんでしょう。。
なぜ、私達のことを何も知らず
勧めてくるのか。

意味不明です。

そもそも人間は
自分で選びたい!
という欲求があります。

ですが、選択肢が多すぎると
選びたくない
という心理もあります。

もしかしたら、「選びたくない!」
を解消してくれるために
セールスに来てくれているのかも。

相手からしたらこちらが意味不明と
思われているのかも。。

この様に価値や感情は二律背反。

状況や立場によって、
同じ人間でも感じ方は180度異なります。

両者を比較して、
どう感じるか考えてから行動に移す。

これがお客様目線というものですね。

関連記事