Jul 12, 2015

一生残る思い出とダイエット

何年後かに振り返る写真。

○友達の結婚式
○友達との思い出
○家族との思い出

どれも何事にも変えられない
かけがえのないもの。

そこに写っているあなたは
どう見えますか?

よく頂くご相談で
○二の腕が太く映るから細くしたい
○今度結婚式に呼ばれてる
○パーティドレスで背中痩せしたい

これらに必ず共通するのが
写真に思い出を収めること。

やはり、残るものとしては
できる限り美しく写りたい!
と思うはず。

それをあなたが、あなたの身内が、
あなたの大切な人が見るからです。

人は見られることに
照れや、恥ずかしさを持ち、
それを隠すために
手振り素振りの仕草をします。

写真という静止画では隠す手段は無く
形として一生残ります。

ここぞ!という時に
気になるところだけ細く見せたい!

そのためにどんな方法を選びますか?

これからジムに行こう!
という選択肢はほぼ選ばれません。

それはジム=期間をかけて運動
の概念があるからです。

漠然と運動では確かに多くの時間を要し
もしかしたら狙った箇所が変わらないかもしれない。。

このことからも
選択肢から外れることが多くなります。

これをピンポイントと捉えず
周囲も同時に
と見るのはいかがでしょうか?

二の腕だけ!ではなく、
二の腕が、背中、鎖骨の
ボディラインを作る。

このような考えの方が、
写真の全体像としては
より洗練されて見えます。

もし、あなたが
写真を撮るであろうイベントを
控えているのであれば

あなたの体型に最も似合う
静止画専用ボディ
ご提案させていただければ幸いです。

一生残るものだからこそ。
できる限りボディラインをキレイに残す。

お身体に関しては
どのような状況でもご対応させていただきます。

関連記事