Jul 2, 2015

日常出来る姿勢の法則

ふとした時も、意識した時も
そのまま相手に伝わる姿勢

IMG_5824[1]

良い姿勢の定義とは
全体を通して
スッとまっすぐ伸びている
ことが好印象を作る姿勢。

部分的に捉えると

○背筋を伸ばす
○胸を張る
○顎を引く

などが良い姿勢と言われる
これらの項目になります。

カラダには
姿勢を綺麗に保持する筋肉
いくつかあります。

個々に異なりますが
共通部分として
○肩甲骨下部の筋肉
○お腹の深部の筋肉
○ヒップ上部の筋肉
があげられます。

力学的にもこれら3点が同時に働くと
見た目上スッキリした縦長シルエット
を作り出します。

筋肉は伸び縮みすることで
関節の角度を変え、
姿勢を作ります。

このことからも
筋肉を増やす以前に
伸び縮みのバランスをとるだけ
姿勢は容易に変えられると言えます。

これらを日常取り込めるように

していくことが常に姿勢を

スッと保つために効果的になります。

〇脚を前後に開く立ち姿勢
→骨盤の傾きを垂直にします。
これにより自然と背筋が伸びます

〇バンザイ姿勢
肩甲骨が下方に下がるので、
自然と胸が張られます

〇カラダをねじる動作
重心位置が上がるため
お腹の深部が活性されます。

ここで捻ることで
より深部に刺激が加わります。

気が付いた時に取り入れることがポイントです。

見た目の姿勢には気を付けたい!
女性はご参考までに。

Posted in コラムComments Closed 

関連記事