May 30, 2015

2倍の痩せ効果!「食べる筋トレ」

女性が最も関心があるのは???
美味しいものを食べること!

食べることで基礎代謝を増やす方法
知っていますか???

 

1日の消費カロリーの内訳は
基礎代謝70%
→じっとしていても消費してしまうカロリー
活動代謝20%
→歩く、出かけるなどの動作によるカロリー
食事による熱代謝10%
になります。
→食事の際に熱として出て行くカロリー

 

最も多い割合を占める基礎代謝は
基礎代謝筋肉40%

胃腸、肝臓40%

その他20%となります。

ダイエットでは、
この基礎代謝を増やすこと
大原則となります。

基礎代謝は上記の通り
40%が胃腸、肝臓の消化器官が担います。

つまり
○消化吸収に時間がかかるもの
○常に消化吸収していること

これが内蔵の働きを活発にし消費カロリーを高める方法です。

また、基礎代謝の40%である筋肉の維持、向上にも必要不可欠。
ホルモンや空腹時間で筋肉は容易に減少するからです。

これらを踏まえた食事方法は運動と同等の効果を引き出し
あなたのダイエットを大きく手助けしてくれます。

食間のコントロール
消化に時間のかかる食材は
・タンパク質6時間
(肉、卵、魚など)
・繊維質3時間
(根菜類、海藻、きのこなど)

これらを途切らせないように摂ることが
基礎代謝の向上には効果的です。

ホルモン対策
午前の遅い時間に
基礎代謝を減らすホルモンの分泌が
ピークになります。

この時間に糖質、脂質、タンパク質の
三大栄養素が身体にないと
基礎代謝がみるみる低下し
太りやすい体質に変化していきます。

朝寝起きに3大栄養素をきちんと摂る
ことが効果的です。

吸収の遅い糖質
(玄米、ライ麦パンなど)
良質なタンパク質
(肉、卵、魚など)
酸化されてない脂質
(オリーブオイル、ココナッツオイルなど)

1日の60%の食事は
このタイミングで摂るとベストでしょう。

体脂肪と無縁なモデルが実践する
食事のメカニズムです。
一生使える知識としてお役立て下さい。

 

Posted in コラムComments Closed 

関連記事