May 30, 2015

10分に1回は気にしてしまう…「脇の汗」解消の法則

白シャツを着ると…
グレイを選ぶと…
ついつい頭をよぎる「脇の汗じみ

抑えるポイントは
体脂肪、筋肉のコントロールにあります。

 

外部温が上がるにつれて
誰もがかきやすくなる汗。

 

特に脇周辺にかきやすいと
洋服に汗じわができる
その後の臭いに繋がる

など、
女性なら気をつけたいと敏感になる部分。

脇に汗をかく理由としては
体脂肪による保温効果
汗線がもともと広い
ことが挙げられます。

脇にかく汗を助長させるのは
前者の体脂肪の保温効果になります。

 

体脂肪は体型だけでなく
体温を維持する効果があります。

これに
関節の動きが少ない部位に付きやすい
傾向が重なり、
肩、背中、二の腕周辺に
体脂肪が集中しやすくなります。

つまり、脂肪が厚い部位ほど

体温調整のために多量の汗をかく
こととなります。

 

もう一つの汗を各要素
後者の汗線が広い(汗の穴が大きい)

汗は体温調整のためにかくことからも
これ自体は二次的な理由としかなりません。

根本的に、脇周りの体温を下げる
ことが必要となります。

脇周りの柔軟性が上がります。
→直接的な方法
股関節の柔軟性を増やす
→体の連動からも肩、脇周りは股関節と連動しています。
股関節にも柔軟性が生まれることで
より肩周りの柔軟性も上がります。

体脂肪が減りやすくなり
脇周りの体温を上げない対策ストレッチです。

10分に1回は脇を気にしてしまう……
この時期お役立て下さい。

 

Posted in コラムComments Closed 

関連記事