May 30, 2015

歩く度に‥「広がるヒップ」

下半身のお悩みで最も多い
ヒップの形

一口にヒップと言っても
縦サイズ、横サイズ、奥行き
個々によってお悩みも異なります。

 

 

 

 

 

 

 

これら3次元のバランスで
立体感を作るヒップ。

女性は骨格的にも
横サイズに幅が出やすくなります。

理由としては、日常で最も多い動作である
歩行によるヒップの負担にあります。

また、ライフスタイル上も
70%の女性は、骨盤が前傾傾向にあります。

これにより
ヒップ自体のボリュームを決める
大臀筋が働きやすくなり、
小尻を作る中臀筋が働きずらくなります

通常の歩行では
かかとを着く
→大臀筋が働く

足裏が着く
→中臀筋が働く

片足立ちになる
→中臀筋、太もも外が働く

ような歩行周期となりますが
骨盤前傾による中臀筋の弱化により
太もも外のみで体重負荷を支えてしまいます

太もも外だけでは体重負荷に耐えられず
ヒップは横にブレるように
負担を逃がします。

これが続くことにより
ヒップの横幅を広める結果を招きます。

歩行は片脚立ちの連続動作です。

1日何千歩もあるくからこそ
常に小尻筋を刺激歩き方になると
ヒップのライン作りには効率的です。

横腹が働きやすくし
太もも外の負担を和らげます。

片側ずつ中臀筋が働くようにエクササイズ。
この時横腹との筋力バランスも整えます。

モデルのようなキュッと立体感のあるヒップ作りには

欠かせないボディメイクです。

 

Posted in コラムComments Closed 

関連記事