May 30, 2015

新生活!「お昼のお弁当NGおかず」

新生活!職場、環境なども変われば
食事も変わります。

これまでスーパーや外食だった女性で
お弁当に変えた!方も多いのでは???

お弁当の代表おかずとして多いのは
保存しやすく、長持ちする食材である
ウインナー、ちくわ、肉団子、ハム

タンパク質っぽい!
と思われがちなこれらは
実は体脂肪を増やしやすい食材
分類されます。

練り物には、材料につなぎとして
でんぷん質などの
吸収の早い糖質が含まれています。

これらは血糖値の急上昇を招きやすく
体脂肪を増やすホルモンの分泌を促します。

食事は控えめに、とカロリーに気をつけても
なぜか太る‥‥原因となります。

 

お弁当作りでのポイントは
水溶性の食物繊維を多く摂る
→ブロッコリー、キノコなど

加工されてないタンパク質を摂る
→しゃけ、豚のヒレ肉、卵など

糖質は吸収の遅いものを選ぶ
→玄米、ライ麦パンなど

少しの工夫で身体には大きな変化
生まれます。

気持ちも!心も!身体も新しく!
お弁当作りにご参考にしてください。

Posted in コラムComments Closed 

関連記事