May 30, 2015

スカートスタイルでも逃れられない「丸太もも」

女性らしさの象徴

スカートファッション
タイト、ロング、など腰回りに
上品さの印象を作り出します。

スカートは脚が隠れるから…
との理由も多いこのファッション

実は、意外と多いお悩みは
太ももの外が張り出すこと。

タイト系でもフレア系でも横幅が
シルエットのカギを作るスカートでは
逆に腰幅を広く見せてしまうことも……

外もも痩せしたい!
と運動、食事制限と励む女性も多い事実。

外ももは身体の中で
最も筋肉量が多い部位。

 

また、骨の位置や靭帯の構造からも
脂肪が最も薄い部位になります。

 

にも関わらず、
体脂肪、体重を減らせば!
という概念では、他の部位だけ痩せ、外ももは変わらない‥
という結果を招いてしまいます。

また、外ももが太くなってしまうのは
日常や運動で使いすぎている証拠。

筋肉の「使わなければ減る」性質からも
日常で負担のかからない骨格の傾き
作ることが必要です。

順番としては

1.関節の柔軟性を増やす

→「関節の動きが少ない部位に脂肪は付きやすい」傾向を解消する

2.全体の基礎代謝を増やす

3.不要な筋肉にかかる負担を減らす

→内もも、脚の付け根、スネなどの筋肉の強化が必要です。

これらの順番を考慮すれば腰幅、太ももの張りは解消されます。
スカートは逃げではなく武器!
穿きこなしボディは必要不可欠です。

 

Posted in コラムComments Closed 

関連記事