May 30, 2015

「ブレない脚」大人めショーパン

ファツション誌でも
多くのブランドが打ち出し始める
大人めショーパン

 

夏前には必ず
穿きたい!!!をイメージさせる
不動のアイテムです。

 

 

パンツのシルエットでも‥
スカートの丈でも‥隠しが効かないこのファッションでは
脚線美×膝周囲のスッキリ感
必要不可欠です。

ショーパンにおける脚の悩みとして
骨盤前傾による
脚の付け根が太い
ふくらはぎがししゃも状態

骨盤後傾による
太ももが外に張って四角い
足首にメリハリがない

などの傾向があります。

骨盤の傾きは
首、肩、骨盤、膝、足首
など、全身の関節のバランスにより
作られます。

これがボディラインを作り
負担のかかる部位は太くなる
負担の少ない部位は細くなる

と、個々に異なった脚の形を
決めています。

個々にボディラインは異なっても
共通するのは「太ももの裏の弱さ

脚の負担を避け、棒ラインを作るには
太ももの前:太ももの後ろが
1:0.6のバランスにするのが理想的です。

しかし、脚に悩む多くの女性は
1.0.2以下のバランスとなっています。

ショーパンファッションの要である太もも裏は
単純に筋トレ!で美脚とはいきません。。

片脚立ちでの太もも裏の刺激
→片脚は日常生活で最も多きな割合を占める姿勢。

この姿勢での太もも後ろの刺激は立つ、歩くでの脚の負担を減らし
脚の凸凹ラインを整えることに効果的です。
左右の動きにないする姿勢支持力
→歩く時などに膝を中心に左右にブレると
膝周辺への過剰な負担となり、太ももの太さに繋がります。

ごまかしのきかない脚出しファッションでは

これらのボディメイクは必須となります。

Posted in コラムComments Closed 

関連記事