May 29, 2015

秘密の「痩せの大食い体質」作り

女性ならば誰もが憧れる食べても太らない!体質。この体質を理解すれば
あなたもある程度食べても
太りづらい体質になることは可能です。

 

細いのにたくさん食べる

このような女性と
ちょっと食べるとすぐ太る女性。

どんな違いがあるのでしょうか?

カラダには食べ物を食べた時に
そのカロリーを無駄に消費する遺伝子があります。

  • 褐色脂肪組織
  • 白色脂肪組織
  • 筋肉組織

一般に痩せの大食いと言われる女性は
「褐色脂肪組織」の絶対量が多い特徴があります。

これが
「食べてもカロリーが消費されてしまう」
という状態を作ります。

これは遺伝子の量は遺伝によるものがほとんどである事実

しかし唯一!
自分でコントロールできるのは
「筋肉組織」です。

  • 筋肉量を増やす
  • 速筋繊維を使う

これらを満たす方法が
食べてもカロリーが消費される」体質に
近づけることが可能です。

逆に、最もNGとされるのは

  • 低負荷、高回数の筋トレ
  • じっと姿勢をキープする系の運動
  • 有酸素運動メイン

これらは
この痩せの遺伝子を大幅に減らすことになります。

また、遺伝的に太りづらい!
女性も、年齢に伴って
全て機能が低下します。

意図的に増やせる筋肉にある
痩せの遺伝子を増やすことが
ずっとキレイな体型でいるためには必要不可欠です。

痩せの遺伝子を増やして
痩せたい!綺麗でいたい!を叶えませんか?

 

Posted in コラムComments Closed 

関連記事