May 29, 2015

痩せづらいのは遺伝だから???

家族みな体質が似ている…
昔からふくらはぎが太い…
などなど、遺伝と思い
諦めていませんか???

 

 

最新科学による
痩せない原因その1

体脂肪の分解ホルモンの働きが弱い

主に体脂肪の分解の役割をするのは
アドレナリン
よく聞く言葉だと思います。

例えば
緊張したとき、激しい運動をしたときに

血圧や脈拍が高くなるのは
アドレナリンが出ているからです。

そしてアドレナリンは同時に
体脂肪をドンドン分解していきます。

しかし
体脂肪分解に必須なアドレナリン
日本人の3人に1人
正常に働かないという統計があります。

これは基礎代謝が200kcal少なくなる
ことを意味します。

改善方法
アドレナリンが多くでる範囲でのエクササイズ

  • 連続で10回ジャンプなど
  • 基礎代謝を上げるエクササイズ
    ・スクワットなど

痩せない原因その2

体で作られる熱が少ない

食べ物を食べた時や、
安静時に
無駄にエネルギーを消費する遺伝子
(痩せの大食いの人に多い)

これは誰でも持っていますが、

日本人の約10%はこれが上手く働かない
という統計があります。

これは基礎代謝が100kcal少なくなる
ことを意味します。

改善方法
無駄にエネルギーを消費する遺伝子は
++ 意図的に増やすことができます ++
例えば

坂をゆっくり下る

素早く階段をかけ上がる

など
漠然と運動でカロリーを稼ぐダイエットは
痩せないならまだしも、
とても太りやすくなります。

遺伝だから…と体型をあきらめるのは早すぎます。
一つ一つ原因を対応していけば
必ず理想ボディへの道は開かれます。

Posted in コラムComments Closed 

関連記事